• ホーム
  • 10代の時のような勃起時のペニスを硬くする方法

10代の時のような勃起時のペニスを硬くする方法

悩む男性

勃起時にペニスを硬くするにはいくつか方法があります。一般的に勃起すると長さや太さが1.5~2倍に大きくなり、数倍に膨れ上がる仕組みです。固くなるので膣へ挿入することが可能になりますが、射精するのに勃起することは不可欠です。この現象はペニスを構成する海綿体において血流が流れ込むことから引き起こります。その仕組みはデリケートなもので、脊髄の仙髄にある勃起中枢から指令が送信さえることによって起こります。勃起現象は副交感神経系が管理していて、この副交感神経はリラックスする時に働く神経になるので緊張しているとうまくできません。いろいろな原因がありますが、視覚的な興奮や想像による精神的な興奮、ペニスへの物理的刺激などによって反射的に興奮するもので反射性勃起と呼ばれています。反射性勃起は刺激がなくなると消失しますが、中枢性勃起は大脳における興奮が続く間維持することが可能です。そのため強い状態を維持するには大脳における興奮が不可欠になります。陰茎が海綿体という組織でできていて、海綿体は毛細血管が海綿状に入っていて平常時海綿体は縮んでいるのですが、何かしらの性的な刺激が血管に伝わると海綿体にある毛細血管に血流が流れ込み硬くなる仕組みです。

ED症状を改善する方法としていろいろなものがありますが、L-シトルリンなどが入っているサプリメントなどを利用すると良いでしょう。L-シトルリンの効果によって射精時間を延長することができたり、硬い状態を維持することが可能です。サプリメントは安心して利用することができ、長期間服用することによって効果を実感することができるでしょう。PC筋を鍛えるのも効果があり、このPC筋が衰えると痔や尿漏れなどを引き起こすこともあり、特に男性機能とは密接な関係を持った筋肉になります。ペニスの血流になるのでスポンジ状になっている海綿体において血液が流れ込むことで大きくなる仕組みです。ペニスの血流をPC筋によって締めることで、血流を押しとどめ長時間持続することができます。PC筋が衰えると勃起力もダウンするので、日頃からのエクササイズが大事です。人間の毛細血管は40代から減り始めるので、陰茎の毛細血管も若い頃に比べるとかなり減ってしまいます。40代からED症状を感じだす人は多いので、日頃からPC筋を鍛えるようエクササイズを行うと良いでしょう。効果的なサプリメントもいくつか販売されているので、自分に合ったものを選択することが可能です。