• ホーム
  • ペニスのサイズが小さくなる原因

ペニスのサイズが小さくなる原因

ペニスのサイズが小さくなる原因にはいろいろあります。例えば太っている人は小さいと言われていて、脂肪が増え体重増加すると下腹部に埋もれてしまい小さく見えることが多いです。肥満の場合は血行不良になりがちになるので、勃起時のサイズは海綿体における血流で決まることから血液の流れが悪いと小さくなるケースがあります。体重増加によって自分のペニスが見ることができない人は要注意で、有酸素運動や水泳などを行いダイエットすることをおすすめします。運動不足になるとペニスが小さくなることもあり、筋肉を使う血管が刺激され血流が改善されるので筋肉を使わないと血流は悪くなる仕組みです。サイズを決める血流が運動不足で足りないと、血管が細くなりペニスが小さくなるケースが考えられます。適度な有酸素運動や水泳によって、ある程度改善することが可能です。

射精しないとペニスが小さくなることもあり、勃起し射精をしないと排尿管として脳が認識することになるので注意が必要です。最低限のサイズまで小さくなるケースがあり、一度小さくなると元の大きさには戻らないかもしれません。加齢なども関係してくるので定期的に射精することが大切です。前立腺の治療薬や喫煙・加齢などが大きく関係してくるので、喫煙を控えたり医師と相談しながら健康的な生活をおくることが重要になります。ペロニー病でペニスが小さくなることもあり、これは陰茎硬化症や形成性陰茎硬化症などと呼ばれていて、ペロニー病は陰茎海綿体白膜においてしこりができる病気です。良性になるのですが勃起時に痛みを感じたり、しこりがあったり陰茎弯曲や陰茎短縮など性交障害の原因になります。前立腺の治療薬を使っていたりペロニー病を患っているなら、医師に相談しながら治療したりアドバイスを得ると良いでしょう。いろいろなトレーニング方法がありますが、ジェルキングを使った方法が有名です。やり方は簡単でペニスにジェルをつけ、親指と人差し指で握ります。3秒ぐらい亀頭に向かって滑らせるよう動かしましょう。お風呂場で利用すると部屋を汚さずトレーニングすることができ、ジェルキングを利用する際にただ機械的に行うだけではなく、サイズが大きく伸びることを意識して行うと効果を実感することが可能です。日頃からの運動不足を解消しながら、筋トレしたりトレーニングすることによってサイズを維持したりある程度大きくすることができます。